fc2ブログ

誉田哲也「シンメトリー」

シンメトリー (光文社文庫)シンメトリー (光文社文庫)
(2011/02/09)
誉田 哲也

商品詳細を見る

ようやっと「シンメトリー」が文庫化されたので読む。「ストロベリー・ナイト」「ソウルケイジ」に続く、姫川玲子シリーズの第三弾は短編集。前二作のような大きな事件(まあソウルケイジは大きいと云うより、悲しい事件、か…)が展開するわけではなく、淡々と事件をこなす「姫川玲子警部補 警視庁日誌」的な小品が編まれる。事件に焦点を当てているようで、実は殺人、罪、仕事…といった、姫川の刑事としてのベーシックな感情を綴る話が多いので、前二作を読んでこのシリーズが気に入った人なら、続く大事件へのバックボーンを得るためにも、是非とも読んでおくべき短編集だ。

…がしかし、他作を知らずに本作だけ読むと、ナンボほど玲子は性格悪いんだ!…とならないかね?(笑) どっちかというと、ガツガツした玲子、ドSな玲子…みたいな表層ばかり強調されるのがちょっと気になった。おそらく、日下やガンテツが出てこないのもその一因だろう。つまり玲子をやり込める「敵」キャラが出てこない。そのぶん、國奥さんがガンガン出てきますが(笑)
そういう意味でも異彩を放つのが、犯人視点の表題作「シンメトリー」。全話に通底する“オンタイムを描いた後に、その状況を補足するように回想に移行する”グラデーション具合もいいし、重たくなりすぎないラストも日誌感覚が貫かれている気がした。
重たくなりすぎない…と云った端からアレだが、本作中、いちばんヘビィだった「過ぎた正義」が特に良かった事も付け加えておく。恨み、憎しみ、復讐…といった“遺族感情”をテーマにした作品は数多くあるが、この「過ぎた正義」でもまた、誉田氏の考え方を示してくれる。ちなみに、ここに登場するキーパーソン、倉田元警部補のエピソードも入った(ガンテツのエピソードも!!)スピンオフ中編集「感染遊戯」も発売間近らしい。

蛇足だが、「ストロベリー・ナイト」がスペシャルドラマ化された後だったので、イメージが膨らむ部分も多く、そういう脳内ビジュアル的にも楽しめた。個人的には高嶋政宏の今泉と、(本作には出番がないが)遠藤憲一の日下はピッタシ!(菊田役の西島秀俊は悪くはないが、線が細すぎやしないか?それに彼が演じると優秀に見える(笑))。
肝心要の姫川役については………あの…いや…その……まあ、何も云うまい(苦笑)
.20 2011 BOOKS comment0 trackback0
 HOME 

プロフィール

機械猫髭

Author:機械猫髭
片田舎の某フリーランサー。当ブログは個人的な外部記憶装置として始めました。内容は和製のミステリ&ホラー、そしてSF。それと文庫派なので、ハードカバーやノベルズが文庫化されると買い換える派です。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR